5.有効性


  • 構造材を間伐材でまかなうことができるため材料のコストがほとんどかかりません。 
  • それと同時に、間伐材の伐採により森の保全作業を平行して行なうことができます。
  • 従来、ツリーハウスを設置するには大木が適しており、選択肢が限られていました。しかし、この構造は軽くかつその荷重を分散して固定することができるため、細い幹でも対象となりえ、選択の範囲を広げることができます。