HOME‎ > ‎

宇宙船の飛行原理 Flight principle of Spacecraft

宇宙船も共鳴によって動くが、もちろんそれは音の共鳴ではない。
時期エネルギーの振動の部分である。
コイル化何かをを使って、その中で電磁波をはっせいさせ、さらに振動数を変える、技術による船もあるが、コイルを使わない技術もある。
発電メカニズムは、大部分が、適切な比率によってつくられた空っぽの部屋にある。それは船の中央のスペースにある。その部屋では電磁エネルギーがある周波数で共鳴し、共振し、その振動が宇宙船全体に伝わっていく。船の全体が共鳴する部屋なのである。
その中央スペースはバルブのようなもので、ある種の高いエネルギーがそこにに入ってくることができる。それはピラミッドのステップダウン・トランスフォーマーと同じような原理で、ある周波数で振動するように操作される。
そして、ひとたびその周波数に到達したら、そのバルブ部分が別の方向に開かれ、船全体がその周波数で振動する。
中央の部屋はバルブであり、注ぎ口、放出口である。ある意味、高いエネルギーのいりぐち、別のエネルギーが入ってくる門ともいえる。バルブは門である。
Comments