HOME‎ > ‎

Geodesic Dome



 
  
[The starting point of a geodesic dome]
The end of the 19th century the technology of civilization becomes a unit of micro or a quantum, Ernst Haeckel, an artist and a scientist, is fascinated with the wonderful form of a minute living thing, and then announces them as a miniature.
Later years his work influence Art Nouveau and Jugend Style , etc.
In this miniature radiolarian have a most primitive form.Its body is wrapped in a gelatinous cell, have a lightweight and durable structure in order to keep that.
Then after, the German engineer Walter Bauer felt Inspired by this precise geometric structure applies classic geometry to a spherical dome,and builds the first geodesic dome in the world.

【ジオデシックドームの原点】
文明の技術がミクロや量子単位となる19世紀末、芸術家で科学者のエルンスト・ヘッケルは微小な生物の驚異的な形に魅せられ、それらを細密画として発表する。後に彼の作品はアールヌーボーやドイツのユーゲント・スタイルなどにも影響を与えることになる。
 その細密画の中で最も原初的な形態を有するものは放散虫である。その体はゼラチン状の細胞で包まれており、これを保つためその骨格は軽量で丈夫な構造になっている。
 その後、この精密な幾何学的構造に触発されたドイツの技術者ウォルター・バウアーフェルトは、古典幾何学を球形ドームに応用し、世界で最初のジオデシックドームを建設する。
 それから30年後の1950年代、R・B フラーは宇宙船地球号の危機的状況を鑑み、このドームを地球上に拡散することにした。人は住むために最もエネルギーを消費する。最少の材料で最大の空間を包み込むことができるならば、まだ間に合うと彼は確信した。

[Formative principle of a geodesic dome]
The molecule and atomic structure which accomplish a substance consist of a certain kind of energy.
If they are reconstructed according to the golden ratio, the first vessel of a life object can be prepared.
If they are reconstructed according to the golden ratio, the first vessel of a life object will be made.
The structure of dividing space into 12 equally from a center is inherited to the cell and frame of a plant and an animal, and it appears in a portion or the whole as the figure which metamorphosed.
The structure accompanied by a certain kind of regularity synchronizes with the polyhedral structure in classic geometry and sacred geometry are treated as regular dodecahedron (consist of 12 faces).
A fractal lattice will be formed by projecting this structure on a surface of a sphere, and dividing the classified domain further.
In this way, the prototype of a geodesic dome is done.

【ジオデシックドームの形成原理】
物質を成す分子や原子の構造は、ある種のエネルギーから成り立っている。それらを黄金比に従って再構成すると生命体の原初的な器を用意することができる。
空間を中心より12等分するその構造は、植物と動物の細胞や骨格へと受継がれ、部分や全体にその変容した姿を表わすことになる。
ある種の規則性をともなうその構造は、古典幾何学ならびに神聖幾何学における多面体構造と同期し、正12面体として扱われている。
この構造を球面に投射し、区分けされた領域を更に分割することでフラクタルな格子を形成することになる。
こうしてジオデシックドームの原型が出来上がる。



I feel that the structure of the old civilization and the geometry supporting it transform themselves. 
Moreover, in connection with it, I feel that collective consciousness also tends to accomplish the change. 
This geodesic dome is one of the remarkable structures which experiences that  stirring.


長年構造と幾何学をやってきて、おおよそ今世紀に入って旧文明の構造とそれを支えてきた幾何学が脱皮するのを感じている。それにともない集合意識も変容を遂げ様としているのを感じる。
このジオデシックドームはその胎動を体験する顕著な構造の一つである。

 





Comments