HOME‎ > ‎Latest News‎ > ‎

Publication of Eidolonic dome EIDOLON-G

posted Apr 27, 2013, 5:33 PM by HIROSHI MURATA   [ updated Apr 29, 2013, 8:10 PM ]
Production and publication of the dome EIDOLON-G, which was covered with shield the outer shell of Da Vinci Dome
This video is the record of the first development phase of this dome.

The structure of the Eidolonic dome is composed of systems that integrate four geometry.
  1. Sacred geometry
  2. Zome-geometry
  3. Non-Euclidean geometry by reciprocal grid system
In adidition to these three geometry,Eidolon-G is used spherical geometry.

Based on the historical point of view, I named the dome of this framework The Da Vinci Dome  But on the other hand from the geometric viewpoint , it is a geodesic dome using zonofedlicated reciprocal grid system. By that, this could also be called completely new type of geodesic dome.

At this time the dome has been designed by shield covering,it will be able to show the characteristics of more than Da Vinci dome in the future. Therefore, I decided to give the a new name in advance.Here, the Eidolon is a form of one of the light, it is said to refer to those compact light, what state the spiritual is the form when it comes to a certain level.
I have extracted this word from the macro and macro and microscopic concept of sacred geometry .

First half of this Video, the assembly production in Toyohashi. The second half is the prototype that was exhibited at the venue Earth Day (April 21, 2013) held in Tahara,Japan.

Shield was 1/5 of the total because I could not afford budget and time .Assembly time is 3 hours by 4 people、the diameter of the prototype 4m, weight of the frame 70Kg and weight of assuming the shield after completion 100kg.

Dome is entirely covered with shields, and going to publishe again in the spring of 2014.

Online Shop: http://www.formdesign.hiroshi-murata.com



ダヴィンチ・ドームの外殻をシールドで被った新たなドーム、アイドロン-G の制作と発表です。

この動画はその開発初段階の記録です。

アイドロニックドームの構造は3つの幾何学を統合したシステムから形成されています。
  1. 神聖幾何学
  2. ゾーン幾何学 
  3. レシプロカルグリッドによる非ユークリット幾何学
この三つの幾何に加え、アイドロン-Gでは球面幾何学も用いています。

歴史的観点に基づき、私は以前この骨組みだけのドームをダヴィンチ・ドームと命名しました。
一方で幾何学的観点からすれば、それはゾーン化されたれレシプロカル構造のジオデシックドームといってよいでしょう。そのことにより、これはまったく新しいタイプのジオデシックドームとも言えます。
今回はドームを被うシールドが設計しされたことにより、今後このドームはダヴィンチ・ドームを上回る特質を見せることになります。そのため事前に改めて名称を付けることにしました。
ここでアイドロンとは、光のひとつの形であり、光の密集したもの、あるレベルになるとスピリチュアルな状態が形となるものを指して言います。神聖幾何学のマクロとミクロに通じる思想から抽出しました。

動画前半は豊橋での組み立て制作。後半は、愛知県田原市で開催されたアースデイ(2013年4月21日)の会場に展示したその試作です。
今回は予算も時間も余裕がなかったのでシールドは全体の五分の一程度でした。

試作の直径は4m、骨組みの重さ70Kg、シールド完成後の想定重量は100kg。
組み立て時間は骨組みだけですと、4人で2時間半、五分の1のシールドを取り付けるのに30分かかりました。

ドーム全体がシールドで被われ、改めて公開されるのは2014年春を予定しています。

オンラインショップ:http://www.formdesign.hiroshi-murata.com

Comments