4.先進性



ダ・ヴィンチ・グリットのパターンをツリーハウスに応用することで、軽量かつ剛性の高いしなやかな構造を形成します。

強風・地震等の揺れや衝撃に対して強く、ホストツリーへの負担を従来の同規模のハウスに比べ軽減することができます。

また、樹形に調和した形状に構造を形成すれば、それにより全荷重を複数の幹に分散することが容易となるため、幹への負担は従来に比べはるかに軽減できます。

 幹と構造との接合は、しゅろ縄で結束する程度で充分です。これにより、ボルトによる固定は不要となり樹に対するメンタル的な負担を解消することになります。