Background

At the end of 1990s the da Vinci grit is watched with interest in the field of the space structure. At the same time one lattice structure by reciprocal grid which put this to practical used was already presented. Figure:GB.PAT.No.228,696A(Inventor:Olivier Baverel,Mar.03,1999) In addition to the possibility of various space composition,flexibility of materials and ease of the assembling, this structure attracts attention as a space structure in an emergency .The typical feature of this structure can prepare space for a short period of time. In addition, economic benefits is better than a traditional frame structure.There is intensity to vibration and the shock of an earthquake according to the structure being flexible and it being pliant. And this structure has been used In the world wide from since ancient times. However until today has not developed the architectural style.Because geometric evolution was required for that.In 2004, Hiroshi Murata succeeds to give one geometric system in this structure, and he announces as Zonoferericated Poly-axes-structure*1.

The ground is largely based on the reproduction and development of classic geometry by geometician H.M.S.Coxeter who already performed since the second half of the last century. This structure was systematized in 2006 and the dome shaped structure was announced*2.
By including a part of this system in spherical geometry it becomes possible to convert the structure of a classic geodesic dome into reciprocal form. In other words, the grid which da Vinci devised by this conversion can be reconstructed on a surface of a sphere.This new geodesic dome is the mobile house developed in order to prepare for purification of the earth where human beings will be faced from now on and the network type communal society formed in connection with it. The outer shell will be covered by EM anti-oxidization panel. It will be quickly urged to purification of the radioactivated body by the synergistic effect of the wave motion by EM and dome space.

*1 The formation method of a hollow-shaped structure・・・・・JP.Patent No. 4153505
*2 Dome shaped structure ............JP.Patent No. 4730850
For more information on panel photo and description
パネル写真と説明の詳細

ダヴィンチ・グリットが注目され始めた1990年代末、すでにフレーム構造の分野ではこれを具現化した『相互依存形式』によるグリット(格子構造)が発表される。 それはレシプロカル・グリット(Reciprocal Grid)と呼ばれ、グリットのパターンが多彩に展開したものだ。 多様な空間構成の可能性に加え、組み立ての容易さや幅広い構成材料の可能性等の点で、緊急時や非常時の空間構造として注目されている。 典型的な特徴は,短期間に中空状の空間を設けることが可能な点である。さらに、その構造が柔軟でしなやかなことから、地震等の振動や衝撃に対して強度があり、従来のフレーム構造に勝る経済的な利点が挙げられる。

 しかもこの構造はそれ以前より世界の広範囲で使用されてきた。ただ今日に至るまで、それは建築様式を形成するまでには至らなかった。それには幾何学的な進化を伴う必要があったからである。  2004年、村田弘志はこの構造にある幾何学的体系を与えることに成功し、ゾーン多軸体構造として発表する*1。
その下地はすでに前世紀後半から行なわれてきた幾何学者コクセターによる古典幾何学の再生と発展に因るところが大きい。 更に2006年にはその構造をシステム化し、それによって形成するドーム型の構造体を発表する*2。

 このシステムの一部を球面幾何学に組み込むことでジオデシックドームの構造を相互依存形式に変換することが可能となる。言い換えれば、これによってダヴィンチが考案したグリットを球面上に再構成することができるのである。  この新たなジオデシックドームは、今後人類が直面する地球の浄化とそれに伴って形成されるネットワーク型共同社会に備えるために開発されたモバイルハウスである。 その外殻はEM抗酸化パネルで覆われることになる。 EMによる波動とドーム空間の相乗効果によって、放射化された身体の浄化が急速に促されるであろう。


*1 中空状構造体の形成方法・・・特許第4153505号
*2 ドーム型構造体・・・・・・・・・・・・特許第4730850号
Comments