- 2. 骨組み構造




さらに基本モデルを3点示すが、それらは、第一工程において核となるゾーン多面体の面数をより多くした場合のドーム型構造体を示すものである。その形成過程において、立体状構成要素および構造用要素の設定は先に示した「基本パターン」と同様である。


その【1】

核として用いるゾーン多面体は132面からなる。このゾーン多面体は、切頭六面体(Truncated cube)の各頂点と体芯とを結ぶ12本の線からなる座標軸を基に形成されている。

 図27でそのゾーン132面体A3を示す。
そしてこの球形状の多面体を核とするドーム型構造体の形成を図28で示す。このドーム型構造体L3の内部には核としてのゾーン多面体を想定で示しており、その外殻に構造用要素が規則的に配置している様子が分かる。
























その【2】

 核として用いるゾーン多面体は552面からなる。このゾーン多面体は、切頭立方8面体(Truncated cuboctahedron)の各頂点と体芯とを結ぶ24本の線からなる座標軸を基に形成されている。

 
図29でそのゾーン552面体A4を示す。
そしてこの球形状の多面体を核とするドーム型構造体の形成を図30で示す。このドーム型構造体L4の内部には核としてのゾーン多面体を想定で示しており、その外殻に構造用要素が規則的に配置している様子が分かる。











その【3】

 核として用いるゾーン多面体は870面からなる。このゾーン多面体は、菱形12・20面体(Rhombicosidodecahedron)の各頂点と体芯とを結ぶ30本の線からなる座標軸を基に形成されている。

  
図31でそのゾーン870面体A5を示す。
そしてこの球形状の多面体を核とするドーム型構造体の形成を図32で示す。このドーム型構造体L5の内部には核としてのゾーン多面体を想定で示しており、その外殻に構造用要素が規則的に配置している様子が分かる。

















角柱状骨組みタイプ
ゾーン132面体
 図27      
                 
  
ゾーン132面体を核模型とするドーム
  図28

ゾーン552面体  
図29

ゾーン552面体を核模型とするドーム
図30

ゾーン870面体
図31

ゾーン870面体を核模型とするドーム
図32