4.第三の建築様式 The Third Style in Architecture

来たるべき黄金都市の建築-宇宙の雛形としてのドーム
Sacred Architecture of coming golden city - Dome as model of Universe
 宇宙の雛形としてのドームは人間の調和的発展を目的として結晶化しました。
来たるべき文明はアトランティスの叡智がよみがえりスピリチュアルな文明が築かれようとしています。さらに地球外文明の叡智も伝わり高次元の幾何学に基いた空間が展開されるでしょう。
その具現化として、人間の精神的進化を促進させる空間が神聖幾何学に基いて形成され、物質をなす結晶構造を核とした繊維組織体からなる有機的な建築が示されようとしています。
 以下の一例は、建築が構造そのものから装飾や有機的な造形を形成することが可能であり、それが様式美となることを神聖建築によって示しています。換言すれば、それは建築が芸術として次元上昇を遂げる一形態を意味しています。
The dome as the model of cosmos  was crystallized aiming at harmonious development of man
As for coming civilization, wisdom of Atlantis tries to revive and to be built a spiritual civilization.  In addition, wisdom of the extraterrestrial civilization will be transmitted and the radical space will be developed with high-dimensional geometry. 
As the realization, the space to promote human spiritual evolution is formed based on sacred geometry.
And they are going to be shown organic architecture that consists of the fibrous tissue and comprising a core component in the crystal structure.
The following one example shows that construction can form a decoration and an organic forming according to the structure, and it becomes one style  by sacred architecture. In other words, it means one architectural form that accomplished ascension as an art.



【五次元のゴールデンシティーの神聖建築】
メテオロン
Sacred Architecture for Fifth-Dimensional Golden Cities 
METEORON
側面 
side

正面
 facade


天蓋部
canopy



平面図
 ground plan




トラス構造体(拡張型) 

Comments