HOME‎ > ‎芸術 Art‎ > ‎

絵画 Painting

エッシャーの作品は私たちの五感ではとらえることのできない空間を垣間見せてくれます。私の傾倒した画家の一人です。彼の作品は空間だけでなく移ろう時間も取り混ぜています。
亡くなる前に彼が考えていた作品は、現在が過去と未来を自由に行き来する世界です。
私は、その絵の出来具合を見たくてたまりませんでした。かなりエッシャーに関する本は調べつくしたつもりですが、残念ながら見当たりませんでした。
その絵はアイデアスケッチのみで、どうやら完成には至らなかったようです。
そこで私自身そのアイデアを受け取って平面作品に仕上げることを決意したのです。
当時私は30歳前後で一人住まい、アパートの一室を真っ暗にして閉じこもって根源意識に接続してヴィジョンを受け取ることにしたのです。

この絵はまったく余分なものがありません。現在はどこにあるのかと言えばこの絵を見ている私たちの空間です。そこには過ぎ去った下半身・いま何かを追いかけている上半身そして何かをつかんで手に入れようとする未来へと続く流れが一つの空間に収まっています。

私たちの時間感覚は直線的で未来と現在・過去は一定のライン上に並べられていますが、どうやら本当は根源意識のみ存在していて、そこに接続できれば時間や空間に限界なく行き来できるそうです。
例えれば、時間はちょうどトーラス状(リング状)になっていて変化がうちから外へと回転しながらCDのように何時どこの場面でも見れるようになっているようです。
根源意識に接続すれば未来も体験できるのですが、過去を操作したりすることで変化するので一定ではありません。

そのようなことが出来る能力があった人類の過去があります。
先々のことが手に取るようにわかる、触れたものの歴史が手に取るように伝わってくる。隠すことが必然的に出来ない社会です。
しかし全てお見通しの人たちに対して警戒する邪悪な心を持った存在が戦いを挑み始めました。
これがアトランティス後期に起ったことです。
我々が迎えているこの時代はその延長線上にあり、ほとんどドン詰まりの状態といってもいいでしょう。
2600年にわたって人類は様々な攻撃にあってきました。いわゆるそういった能力を有する末裔・民族の殺戮や弾圧・魔女狩りもその内の一つです。
近代では、教育による左脳のみの偏った脳の矯正・ワクチンや食品添加物による視床下部・松果体の完全なる退化。ここがやられると根源意識に接続することが出来なくなるのです。
要するに、これは本来まともに目が見える能力があるにもかかわらず視神経をやられて盲目にさせられている状態に例えることができます。
目が見えるとはどんなに素晴らしいのか、生まれながらにして障碍を持つ我々にはわからないほど、化学的にも社会的にも脳が汚染させられてしまっている、いわゆる洗脳の状態で、夢遊病者のごとく、まったく場違いな幻想を見せられ続けているのが本当のところです。
Comments