2.グリットの展開


1. その最小単位(モジュール)は、主に三本から四本のバーからなる三角形や四角形を基本としています。このツリーハウスでは、より単純化し三角形を選択しました。






2. ダ・ヴィンチ・グリットは専門的に相互依存形式の構造といわれています。それは、それぞれのバーが互い違い接続してお互いを支え合う構成となっているからです。






3. そのモジュールはユニット結合(同様の要素によって結合)することができ、一連のパターンを作っていきます。




4. その結合部のタイプは、従来のフレーム構造に見られる荷重を一極に集中させるものと異なり、周辺部へ分散するものへとなります。
これにより揺れや衝撃を吸収するしなやかな構造を形成することになります。





5.通常の幾何学においては、平面の三角形ですべての空間を包み込むことができますが、このモジュールの連結によっても同様なことが可能です。
樹形に合わせて調和した形状を自由に形作ることができます。




メセージへ<戻る
最小単位(モジュール)




モジュールの連結





連結によるパターン





接続の集中型と分散型















ジオデシック理論による
従来型と変容型構造