ダヴィンチ・ドームの作り方 (japanese)

ダヴィンチ・ドームの作り方

DIYマニュアルのご紹介

ダヴィンチ・ドームとは、レオナルド・ダヴィンチが考案した グリットよって組み立てるジオデシックドームのことです。

このグリットのパターンを神聖幾何学の様式に基づき構成し、それを球面に投射することで構造が形成されます。
これにより構造は、従来のジオデシックドームよりもより簡素なメカニズムとなります。
組立の際は、特別なコネクタなど必要とせず、部材の軽量化と作業効率が計られます。
さらに、従来よりもねばりとしなやかさを有する構造は、地震等による衝撃を吸収する働きがあります。
このグリットによるドームはダヴィンチのアイデアが最も生かされた一例であると言えるでしょう。

この度は、このドームをセルフビルドによって作ることを可能にしました。
この商品はフォルムデザイン事務所・村田弘志が開発したマニュアルとプログラムからなっています。

現在、構造を組み立てるまでの内容ですが、時を待たずして皆さんにご提供いたします。

来年の春にかけてはその外殻である屋根・ルーフィングのシステムを開発する予定です。
先々、モバイルハウス(移動式の家)としてご利用が可能となるまで開発と研究を進めて行きたいと思っております。

なお、構造のみの利用としてはドームパーゴラとして、また透明ビニールシートで覆っていただければ温室としての利用価値もあります。
実際に、このデータを基に数メートル大のドーム構造を組み立てることも可能です。(3m~10m)
実物を組立の際は、先ず模型を制作し、それを参照にしながら組み立てることをお勧めします。

【マニュアルの内容】

目次より
1章 制作の流れ
2章 .立体チャートの組立.
3.章 部材説明.
3-1.基本部材.
3-2.脚部部材.
4章 .部材諸量表の説明.
5章 .立地面の設定と脚部調整.
1.立地平面における各寸法と角度.
2.脚部の調整.
6章 .模型制作.
7章 .ドームの制作.
1.材料の選択.
2.諸量の算出.
3.部材加工.
4.組立の手順.
8章.ルーフィングを考える

ワード形式による、A4-ページ数20、イメージ図21点


【設計プログラムの内容】

希望の大きさのドームの直径を入力していただければ、全ての部材の寸法が自動的に算出されます。
また、入り口や窓の大きさなども調整できるプログラムも含まれております。

エクセル形式による、A4-ページ数6、プログラム表6点、イメージ図6点



【模型制作】
色付けは組立の際、識別のためです。

【組み立てられた模型】
部材の種類は基本的に4種からなります。
入り口やドームの高さを調整するために短縮・延長された部材がそれに加わります。

【ドーム骨組みの脚部】
部材を調整して入り口を設けます。入り口は全部で5箇所も受けることができます。また、入り口の幅は2種類選択できます。

















































この商品はダヴィンチ・ドームの構造をセルフビルドによって制作するためのマニュアルです。
現在、構造(骨組み)の組み立てのみをご提供しております。
ドームへの屋根掛(ルーフフィング)の設計は現在開発中で、そのマニュアルは後のご提供を予定しております。

このマニュアルは説明書と設計プログラムで、説明書はワード形式、プログラムはエクセル形式によってファイルに収められています。

こちらの商品は代金のお支払い後、メール添付にて送らせていただきます。






http://illuminalight.cart.fc2.com/
Comments