HOME

Latest News

  • The New Name of the Structure and the Dome that I invented The dome structure that named by me”The Da Vinci Dome"was the one example from that system.At the opening to the public I called it so in order ...
    Posted Sep 18, 2016, 5:33 AM by HIROSHI MURATA
  • イルミナライト三姉妹のシリーズ化 三作目のセラフィムの開発と並行し、ライラのサイズに(S)(L)を加えました。従来の(M)サイズの他、手軽にあかりを楽しむ要素を持った小さなサイズのライラとセラフィム。また、より広い空間を飾る(L)サイズのライラとセラフィムも加わりました。シリーズの全容はショップサイトをご覧ください。
    Posted Sep 2, 2016, 5:45 AM by HIROSHI MURATA
Showing posts 1 - 2 of 40. View more »
第三の建築様式への道
惑星規模の進化の時をむかえ、物質文明を象徴する闇の勢力が終わりを遂げようとしています。
私たちは自然との調和ある精神文明を築かねばならない時に来ているのです。
地球が感じていることを伝え、「覚醒した星の文明を創造すること」にこそ私たちの目的があります。 
このサイトでは来るべき文明を築くための「第三の建築様式」を探求しています。
非ユークリッド幾何学による多次元多軸体構造の発見は建築における次元上昇を意味しています。
その思想は、銀河宇宙からミクロの宇宙を背景とするデザインシステム、すなわち神聖幾何学を源流としています。
村田弘志は、その構造のシステム化を行ない、ドーム建築への技術転用を試みています。
そのドームの構造は有機的形態をも形成し、建築の芸術としての展開をも見せようとしています。
ここでは更にその思想によって具現化する彫刻や造形デザイン、アートも紹介しています。

Way to the third style of  Architecture 
The power of the dark forces that is the symbol of the material civilization starts accomplishing the end on the time of the evolution of the planet scale. 
We must build a spiritual civilization in harmony with nature. 
Tell everyone how the earth feel and "to create a civilization of the awakening planet " what is our purpose. 
This website will explore the third architecture in the coming civilization.
Discovery of the multi-dimensional polyaxes structure by non-Euclidean geometry means that the ascension in architecture.
That Thought is design system background from a micro-cosmic to universe, the origin of sacred geometry in other words.
Hiroshi Murata has systematized that structure and applies it to the dome structure.
The structure of this dome forms a organic form, showing the development of sacred architecture as art. In addition, it also introduces the sculpture, the forming design, and the art made an embodiment by its thought on this site. 
Geometry in Ascension

Architecture in Ascension

造形デザイン  
Artistic design
  • 彫刻、第三の空間構成、ダ・ヴィンチ・グリット Sculpture, the third space structure, The Da Vinci Grid
  • モザイク Mosaicwall
  • 造形 Modeling
  • 造園  Landscaping
  • ダ・ヴィンチ・グリットによるツリーハウス Tree house by The Da Vinci Grid
  • ケルト文様と縄文文様 Celtic patterns and Jomon pattern
  • スパイラルとボルテックスSpiral and vortex
  • 市松文様とメビウスの輪 Mobius ring and checkered pattern
  • ステンドグラス Stainedglass
  • 光の織物 Light fabrics
  • 未知なる美の機能 Unknown features of beauty
Diagram of Geometry  
Polyaxsis:Polyhedric Reciprocal Grid System

The 3rd Architecture 
Sacred Dome
METEORON Ⅰ

METEORON Ⅱ
METEORON Ⅱ(Plan)

Domed Tent G-PAO 2006
Pendant Light 2005~

Domed Pergola 2010

Domed Pergola 2009

The Da Vinci Dome 2011-2012
Part 1 Structure

The Da Vinci Dome 2013-
Part 2 Outershell

 
建築に天文・幾何学・自然科学・芸術そして精神科学を織り込み、新たな文明に向けての建築様式を探求。 現在、マルチレシプロカルグリット・多軸体へと展開を続け、多次元幾何学構造を追っています。 物質文明が終わりを遂げようとしていなか、「覚醒した星の文明を創造すること」それが最終目標です。

 幾何学とは空間の創造である。いかに世界や宇宙を把握するかに通じている。 
 90年代前半、村田弘志は彫刻・建築装飾の仕事で培った造形感覚の更なる拡張のため、自然科学と共鳴する幾何学の研究に取り組み始める。
 長年の幾何学的研究の目的は、いかに有機的な構造を形成するかにあった。
そしてその研究は、誰もが共有することのできる知識や体系となるよう、幾何学システムの構築作業へと入る。
 その後、多次元多軸体構造を発見、2000年には、その構造のシステム化を完成。さらに数年をへてシステムを改良し、建築に適用するためのドーム型構造システムを構築するに至る。
 今日このシステムに基づき、新たな機能性と造形美を求めてデザインを行ない、建築・造形・彫刻・・教育へとその展開を行なっている。

Sculptor, modeling designer、
architect
 and geometer
1961 births, Aichi prefectural University Faculty of Fine Arts, after graduating from the Sculpture Department, engaged in the modeling design work mainly produced artwork.
Meanwhile, the self-educated natural science,architecture and geometry.Currently, representative of FORM DESIGN OFFICE. 

Geometry is the creation of space. It leads to how to understand the world and 
the universe. 
 
Late 1990s, Hiroshi Murata started working on geometry corresponding to the natural sciences to extend the senses of the -formative arts.
Not only as the sense that, as a mechanism that can tell the others. 
Later research, knowledge and systems so that everyone can share, get to work building the system geometry.

In 2000, invented the Multi-dimensional Polyaxes structures by Non-Euclidean geometry.
Five years later,systemized the structure and announced that as lighting system.
In 2008,reorganize the structure of the above system,then opened to the public as a dome-shaped structursystem.

Based on this system today, seeking to conduct the design of new functionality and artistic beauty, and has been the development of architectural education, design, sculpture and environmental modeling. 

His research interests are in the areas of sustainable construction; building structures (in particular innovative and non-conventional structures ) and their history; development; design; and environmental performance.

Spatial structures:
  • historical/analytical research into the work/philosophy of designers of spatial structures 
  • history, development and use of space grid and grillage systems - Space Grid Structures and forthcoming Space Grid Architecture 
  • reciprocal frame and folding structures - history, development and use of three-dimensional grid, grillage and deployable systems.